神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-1-2
犬山ビルヂング7F

©2019 by chosan a.k.a 輿石 裕太. Proudly created with Wix.com

僕の襟足が白いわけ


みなさんこんにちは!


いきなりアップで変なもの見せてごめんなさい。

今日は予告通り「僕の襟足が白いわけ」です。


なんで襟足を白くしているの?っていう話じゃなくて、なんでそんなに白いの?

っていう話です。


人それぞれ生まれつき色素が薄い人っていますよね。

目や髪が茶色かったり肌が白かったり。


僕は昔「綺麗な黒髪」と言われて育っていた気がしますが、

ある程度大人になってから気づいたのですが、割と目が茶色く髪も茶色い。


ヒゲはところどころ赤いし、たまに白髪もあります。


これはもうDNAの話なので、美容師ではどうすることも出来ませんが、

昨今の若い方は、髪を白くしたい。とかパステルカラーのような薄い色味で綺麗に染めたい!と言ったご要望が多いです。根本は赤みを無くしたいってことなんでしょうね。


僕のお客様は割と暖色好きな方が多い気もしますが、やはりInstagramをみているとグレーだったり、ミルクティーカラーだったり、赤みゼロの透明感のあるカラーが多いように感じます。「外国人風」なんてのも同じようなものですよね。


余談ですが「外国人風」ってものすごいざっくりした言葉ですよね。

まだ「欧米人風」の方が想像しやすい気がしますけどね。


結構話がそれちゃいましたね。悪い癖ですw


そんなこんなで日本人にとって「透明感」って結構難しいものだったんですよね。

僕も流行りのインナーカラーに乗って、どうせなら白くしたい!と思って今に至るのですが、流石にブリーチ1回ではオレンジ色になるだけでなかなか赤みは消えない。


頑張って2回目のブリーチをしてようやく薄い黄色って感じでしたね。


白になるまでブリーチを続けるってのは髪にも相当な負担です。

ブリーチだけでやりたい人は、最低でも4〜5回は覚悟しておかなければなりません。


僕は薄い黄色でやめて、あるアイテムを使って白くしてます。

そのアイテムっていうのがこちら


グッバイイエローです。

シャンプー自体の香りもいいですし、洗い上がりもきしんだりも特にないです。

意外とさらっとした洗い上がりかも。


これは名前の通り黄ばみを消すためのシャンプーで、グレー系のカラーをした後に使っても色落ちを遅くしてくれるという効果もあります。


いわゆるムラシャンってやつは、世の中に腐る程ありますが、これは業界一色素が濃いと評判です。


ただただ普通に泡だけて洗ってももちろんいいんですが、シャンプーを出して泡だてずに全体になじませて時間を置いてから泡だてたりすると効果が劇的に上がります。


ダメージ感により効果は変わってきますが、僕の場合時間を3分ほど置いてから泡だてれば、1週間は白さが続きます。


ただ、最初の写真でもわかるように根本付近はやはり健康なためそこまで色が入ってないですよね。


このように、やりたい色によっては無理してブリーチしなくてもいいカラーもあったり、カラーだけではなくシャンプーだけで解決できる問題もあります!


今の環境は恵まれていて、いろんな情報をいろんな人が与えてくれるので、きっとみなさんの悩みを解決する方法や、希望を叶える方法がいくらでもありますので、是非お店で気軽に相談してくださいね!


次回は「機械のスパってどうなの?」お楽しみに!

55回の閲覧